子宮内に器具を入れる | 確実な避妊を行い、望まない妊娠をしないようにしよう

子宮内に器具を入れる

服用例

避妊方法の中でも非常に簡単に出来る避妊方法として、コンドームとピルを使用した避妊方法を紹介しましたが、それ以外の避妊方法として、少々手間のかかる避妊方法を紹介します。
それは「IUD・IUS」と呼ばれる器具を使用した避妊方法です。
このIUDとIUSというのは、それぞれ子宮内避妊用具、子宮内システム……という風に呼ばれるもので、使用する際には子宮内にこのIUDとIUSを挿入し、取り付けることによって避妊を行います。

この器具を取り付ける際、子宮口と呼ばれる部分に隙間がないと取り付けることが難しい為、この避妊方法というのは出産経験のある女性……つまり、経産婦向けの避妊方法である、というふうに言われているのですが、このIUDとIUSを子宮内に取り付けることによって、受精卵が作られた際に着床しにくくなる状態を作り出すことが出来るのです。
更に、IUSは本体に黄体ホルモンと呼ばれるものが添加されており、体内で徐々にその黄体ホルモンが分泌されていき、月経時の出血量を低下させる、と言った働きがあるのです。

これら2つの器具はピルと同じように非常に高い避妊効果があり、更にピルのように服薬を行う必要が無いので、非常に簡単に避妊することができます。
ですが、装着後は一定期間ごとにIUDやIUSのメンテナンスを行う必要があったり、使用期限が来た時には交換を行う必要があるので、その点だけ注意が必要な避妊方法なのです。